シンポジウム

開催要項

日時

2016年10月2日(日)13:00~17:00 (開場12:00)

会場

有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階)

定員

700名(抽選/参加費無料)

プログラム

写真

中村 清吾 先生

講演Ⅰ.個別化に向かう乳がん診療

講師 昭和大学医学部乳腺外科教授、日本乳癌学会理事長
中村 清吾 先生

【ご講演内容(予定)】

  1. 乳がんの個性をどう見極めるか?
  2. 乳がん検診の個別化とは?
  3. 乳がん個別化診療の最新動向

写真

渡辺 亨 先生

講演Ⅱ.「抗がん剤は効きますか?」にお答えします

講師 医療法人圭友会浜松オンコロジーセンター院長
聖路加国際大学臨床教授
渡辺 亨 先生

【ご講演内容(予定)】

  1. 抗がん剤の効果とは何でしょうか?
  2. 「効果の見えるかたち」での治療を選びましょう
  3. できること、できないことの区別が必要です

休憩

プログラム再開前に、モモ妹と一緒に、座ったままできる体操でカラダをほぐしましょう。
11階で実施している「ピクリボンフェスティバル なかまCAFÉ♪」もお楽しみください

写真

保坂 隆 先生

講演Ⅲ.一体どうやって乳がんであることを乗り越えていけばいいのか?

講師 聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長、
聖路加国際大学臨床教授
保坂 隆 先生

【ご講演内容(予定)】

  1. 乳がんになった「原因」を探すよりも、病気になった「意味」を考えよう
  2. どうしても生きていかなければいけない「理由」や「目的」を明らかにしよう
  3. 「慈悲の瞑想」や他人のための「祈り」は、自分自身の免疫機能をあげる
写真

南 果歩 さん

トーク.一筋縄にはいかない この乳がんと、生きていく

ゲスト 女優 南 果歩 さん
 ×
聞き手 フリーアナウンサー 山口 容子 さん

夫で俳優の渡辺 謙さんの胃がん手術後、ご自身の乳がんが見つかった体験など、トーク形式でお話しいただきます。


写真

山口 容子 さん

総合司会:山口 容子 さん(フリーアナウンサー)

会場内ブース

ロビーには、協賛企業などのブースなども出展されています。ぜひお立ち寄りください

お申し込み方法

1)下記を明記してください
①氏名(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④郵便番号 ⑤招待状の送付先住所 ⑥電話番号
(複数での参加をご希望の場合は、全員の ①氏名(ふりがな) ②性別 ③年齢をご記入ください。)

2)はがき、FAX、またはインターネットのいずれかでお申込みください。

  • はがき
〒104-0061 東京都中央区銀座4-14-4-201「ピンクリボンシンポジウム」係
  • FAX
03-5565-4669
  • インターネット
下記の応募フォームをクリックして、お申し込みください
応募フォーム

  • ご応募いただいた際の個人情報は、抽選及び招待状の発送、並びに個人を特定できない形で、今後のイベント・企画における統計資料作成のために利用する他、(公財)日本対がん協会が明示するプライバシーポリシーの範囲で同協会が発信する各種のご案内その他の活動等を行うために利用します。
  • お名前を重複させてのお申し込みはご遠慮ください。
締め切り日
9月13日(火)必着
厳正な抽選の上、当選された方には、開催1週間前までに「招待状」を発送いたします。
お問い合わせ
ピンクリボンシンポジウム事務局
TEL:03-5565-7095 (平日/10:00~17:00、土日祝日を除く)
協賛 大鵬薬品工業(株)
協力 シスメックス(株)
主催 日本対がん協会、朝日新聞社
後援 厚生労働省、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、東京都
支援 (公社)日本フィットネス協会
広報協力 ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)

ピンクリボンフェスティバルとは

イベント紹介

乳がんとは

ページ上部へ戻る