よくある質問

応募について

ピンクリボンデザイン大賞とは何ですか
乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える「ピンクリボンフェスティバル」の一環として、2005年からデザイン大賞を実施しています。今回で第13回となります。乳がん検診受診の大切さを呼びかけるポスターデザインとコピーを公募する企画で、プロ・アマ問わず多くのクリエイターや、幅広い年齢層の方にご応募いただいております。ひとつでも多くの命を守るため、検診への一歩を踏み出してもらえるような作品を募集します
募集内容について知りたい
乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、検診受診を呼びかける作品を募集します。
今回は、課題コピーを使った、または「日常生活」をテーマとした受診を促すデザインを募るポスター部門と、受診を言葉の力で検診を呼びかけるコピー部門の2部門です。なお応募の際は、誓約項目を必ずご確認ください
作品制作にあたり、注意するべきことを教えてください
次の点にご注意ください
  • 作品は、病院など乳がん患者の方やご家族の方の目にとまる場所での掲出をする場合があります。患者さんやご家族の気持ちに配慮して制作してください
  • 乳房が露出している作品は交通広告として掲出することができませんので、ポスター化対象作品としては選出されません。社会通念上、公序良俗に反する内容を含むなど不適切な作品は採用できません
  • 応募者は応募作品に関して、知的財産権など第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。第三者の知的財産権を侵害する疑いのある作品については、審査結果後であっても受賞を取り消すことがあります
  • 受賞作品については、リサイズや一部必要な修正をお願いいたします

7月2日(日)をもって作品募集は終了しましたので、ダウンロードはできません。

▽このマークは、「ピンクリボンフェスティバル(日本対がん協会ほか主催)」のシンボルマークです。本企画以外で許可なく使用することはできません

コピー部門のボティコピーとは何ですか
キャッチフレーズに添える、または補完する、テーマ(乳がんの早期発見の大切さ、検診を呼びかける)に触れたちょっと長めのコピーのことを言います。任意のもので、必ず添える必要はありません
郵送でも応募はできますか
Webでの応募のみ受け付けます。郵送や持ち込みによる応募はお受けできませんのでご注意ください。インターネット環境がない方は、公共機関やインターネットカフェなどインターネット環境が整っているところで登録・応募いただきますようお願いいたします
応募の締め切りはいつですか
応募締め切りは、2017年7月2日(日)です。Webのみでの受付となるため、最終日はアクセスが集中することが予想されます。そのため、一時的にWebへつながりにくくなる可能性がございます。期日・時間に余裕を持った登録・応募をおすすめします
1人何点でも応募していいですか
何点でも構いませんので、奮ってご応募ください。ただし1回1作品の応募(投稿)となります。ご了承ください
携帯電話から応募できますか
事務局では、パソコンからの応募を推奨しています。携帯電話からの応募は、すべての端末による動作確認ができていませんので、保証いたしかねます。ご了承ください
現在、コピー(もしくはデザイン)の仕事に携わっていても応募できますか
応募可能です。ただし、未発表のオリジナル作品に限ります。今後提案予定のある作品についても応募できません
ペンネームまたは、グループ名で応募できますか
できません。個人・実名での応募に限ります。
グループでの応募は可能です。その場合、協同制作者の氏名を記入する欄がありますのでそちらもご記入ください。受賞後、本人確認させていただく場合があります
応募作品の著作権はどうなりますか
応募作品の版権・使用権・著作権は、主催者である公益財団法人日本対がん協会および朝日新聞社に帰属します。実際の広告に使用される場合に関しても、応募時点でご了承いただいたものとみなします
応募作品が実際の広告に採用された場合、ギャランティは発生しますか
著作権は公益財団日本対がん協会に帰属しますので、原則的に発生しません

審査方法について

審査方法について教えてください

応募締め切り後、事務局審査→一次審査→患者会審査→協賛企業・事務局審査→最終審査を経て、各賞が決定します。一次審査・最終審査は、著名なコピーライター・クリエイティブディレクター・アートディレクターなど審査員が行います

応募状況や審査の経過を知りたい

WEB上で応募した作品の受付や締め切り後の応募状況、審査状況・結果に関するお問い合わせは応じられません。ご了承ください

その他全般について

問い合わせ先を教えてください
ピンクリボンデザイン大賞事務局【(株)宣伝会議内】
03-3475-7673  E-mail:pink-ribbon@sendenkaigi.co.jp
発表はどこでされますか
ピンクリボンフェスティバル公式サイト上と、宣伝会議が発行する「月刊ブレーン」(10月1日発売号)で発表します
受賞作品が使用されることはあるのですか
はい。予定しています

① ポスター部門の入賞作品:交通広告や雑誌広告など、乳がん啓発のために使用を予定しています

<昨年の活用例>
グランプリ作品のデザインは、フェスティバルのメッセージ広告としてポスター化し、交通広告や雑誌広告に使用。また各地の自治体でも活用されました

神戸ハーバーランドの大型ビジョン


JR新大阪駅デジタルサイネージ

自治体のポスターとしても活用(千葉県、高知県)

『ブレーン』11月には入賞作品発表と同時掲載。

② コピー部門の入賞作品:次年度以降のポスター部門の課題コピーとして使用したり、ピンクリボンフェスティバルが啓発のために使用したりすることがあります

③ 過去の入賞作品:第6回の入賞作品が、教育出版の2017年度高等学校用教科書『国語総合』と『精選 国語総合 現代文編』に取り上げられました
乳がんについて知りたい
よろしければ、当公式サイトの「乳がんとは」のページをご参照ください。
より詳しくお知りになりたい方は、国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス 新しいウィンドウが開きます」等をご参照ください
今までどんな作品が受賞されたのですか
参考までに、過去の受賞作品のページをご確認ください。ただし、規定等については、以前のものから変更が生じていますので、応募の際は、必ず規定・諸注意事項などをご確認ください

ピンクリボンフェスティバルとは

イベント紹介

乳がんとは

がん相談ホットライン
ページ上部へ戻る