1. ホーム
  2. イベント紹介
  3. デザイン大賞
  4. 第8回ノベルティ部門(トートバッグ)

第8回ピンクリボンデザイン大賞:ノベルティ部門(トートバッグ)部門受賞作品(2012年度)

作品をクリックすると拡大表示します。

最優秀賞

今成 ゆき(女・49歳)
<神奈川県川崎市>

[作品の意図]
女性がファッションに興味を持つように、ピンクリボンにも興味を持って身近に感じてほしいという気持ちを込めました。
[応募したきっかけ]
HP上のデザイン公募で目にとまったのがきっかけです。(たしか、デザイン登竜門かと・・)
[作品を通じて伝えたいこと]
何気ない日常で、ピンクリボンの意味、(意義)を感じてほしいと思いました。
[受賞後、ピンクリボンのイメージは変わりましたか?]
ピンクリボンの認識の高さに驚きました。
それは、受賞に対しての多くの方に祝福をいただき周りの反応で感じました。 また予想以上に明るく、とてもポジティブな活動であるということ。
スマイルウォークに参加して(東京・神戸)、参加者の皆さんのはつらつとした行動や 山田邦子さんのトークなど、女性同士ならではの絆、支え合うこころを強く感じました。 そして、男性の参加者もいらして、とても素敵なことだとおもいました。
[来年も応募すると仮定して、自分に一言]
ノベルティー部門だけでなく、ポスター、コピーにも参加したいと思います。
今回の受賞に甘んじることなく、今後も一 人でも、多くの方にピンクリボンの意味を理解していただけるように 自分なりにアイデア考えたいです。

優秀賞

井上 玲奈(女・--歳)
<東京都港区>

打田 千春(女・35歳)
<東京都世田谷区>

入選

シャルロット井上(女・40歳)
<東京都目黒区>

番場 千加(女・21歳)
<東京都北区>

ピンクリボンフェスティバルとは

イベント紹介

乳がんとは

がん相談ホットライン
ページ上部へ戻る